信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  委員長が紹介するちょっとイイところ【実りの秋②】

委員長が紹介するちょっとイイところ【実りの秋②】   

委員長の両角です。

フルーツ大国として有名なのはお隣の山梨県ですが、

信州もフルーツの産地としては負けていません。県内各地で様々な果物が

取れます。

・信州と言えば、やはりリンゴでしょうか。産地は、北部の長野市周辺そして松本市と

安曇野市です。品種では、紅玉、ふじ、つがるですが、最近では「シナノゴールド」や

「秋映(あきばえ)」「シナノドルチェ」などのご当地の品種もあり様々な味と香りを

味わえます。

・塩尻市や中野市などでは、ぶどうも取れます。こちらも、「巨峰」「ナイヤガラ」「デラウエア」

などのおなじみに加えて「ピオーネ」「スチューベン」「ゴルビー」なども楽しめます。

・なしも季節です。「豊水」「南水」「あきづき」などみずみずしい食感は なし ならでは

のものです。

・小布施のくりは有名ですし、季節は過ぎましたが川中島のもも(こちらは来年までの

お楽しみです。)や、ブルーベリーなどもも取れます。

朝のくだものは健康に良いといいますし、スポーツの後のくだものも格別です。

くだものの収穫の時期を迎える信州へどうぞ。

2013年9月29日
最近の記事