信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  寒い日の『けあらし』

寒い日の『けあらし』   

  ごぶさたしました。

週一位ブログを更新するつもりが、まるまる一ヶ月空いてしまいました。

話のネタはいろいろありますので、時期外れかもしれませんがアップしていきます。

 まず、さる1月12日の出来事。

寒い寒いと思い、朝の除雪作業をしていると、白樺湖の湖面の方で何やら人だかり。

いやそれほどではないが興味津々。

行ってみると、湖面にけむりが立ちこめている。

おや〜、みょーにへんだな〜(爆笑カーボーイ風に)

だってそうじゃない!火事でもないのに凍った湖からけむりが上がってるんだから。

それを又お客さんが路駐しながら真剣に写真撮ってるんだから!

後で調べたら、あれは『けあらし』という現象で、水温と気温の差が激しく異なるとき、

つまり湖面から立ち上る水蒸気が、陸上からの冷たい空気に触れて発生する霧。だそう、

めずらしいものみてしもた。

そういえばこの場所、川の流れ込みで凍ってなかったんだね。

 

待てよ!

湖面でもないのに路上が立ちこめている。
どうしてだ?
あちらにも川があった!

 

ならばもう1カ所向こうの路上のけあらしは、白樺湖の水源から発生したのだと納得。(フォト3)

これでワカサギの穴釣りができればな〜

白樺湖ももっともりあがるのに・・・

次回へつづく

 

 

 

2012年3月 6日
最近の記事