信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  こんなところにも鹿被害!

こんなところにも鹿被害!   

 

 今やこちらの白樺線(国道152号)でも頻繁(毎日見るかも)に出没する鹿。

我らが白樺湖別荘地でも、その被害が深刻となっております。

写真は鹿についばまれたヤマウド。

見るも無惨に葉っぱがすべてなくなっております。

ーー鹿もグルメなのね ! ! ーー

そんな悠長な事言ってていいのか!

我が家でも大山桜が木の皮を剥がれました!!

お客様からも庭先の花が食べられた!とか木の皮を剥がされた、などの報告を受けています。

ここまで頭数が増えたのは、日本オオカミなどの天敵がいなくなったからなのか?

それとも人間様が開拓し過ぎ生態系が変わったのか?

ルックスだけ見てカワイイ!なんて言ってられないですね・・・

 

駆除の選択もされていますが、地元柏原の猟友会のメンバーも高齢化狩猟をされる方が少なくなり、やりきれないのでしょうか?

食肉としての  ”ジビエ"   料理もどうなんでしょう?

鹿は淡白で脂肪がほとんどないようです。

肉としての臭みは独特ですが・・・

上手に付きあってうまく利用したり、共存できないものでしょうかね〜

 

そういえば数日前、テレビ鹿肉の利用方法として、 

"動物園のライオンのエサにする"

というネタがありましたが、これはグッド!ですね。

野生本来の "感" てヤツを忘れさせない為にも・・・

例として生きた鹿を獲物としてオリに放ち、入場者に見せる?とか

(まあ動物保護団体などからも、賛否両論あるかもしれませんが・・・)

 

何にしても農作物やニッコウキスゲなどの被害は深刻です。

 

2012年6月22日
最近の記事