信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  委員長が紹介するちょっとイイところ【エコーライン】

委員長が紹介するちょっとイイところ【エコーライン】   

委員長の両角です。

前回、縄文時代の土偶や土器を展示する尖石考古館をご紹介しました。

尖石考古館へ訪れるまでの道のりの一部が、広域農道「エコーライン」です。

白樺湖から大門街道を下り、あるいはビーナスラインを通って、芹が沢の信号機で

右へ、その先の芹が沢西の信号機で左へ向かうと「エコーライン」へ入ります。

芹が沢南の信号機を直進し、新井上、尖石考古館西、上場沢、を過ぎていくと左側に

八ヶ岳の雄大な景色が見え正面に南アルプスを見ながら進みます。

その先の一番塚の信号機を左折すると「八ヶ岳中央実践大学校」があり、

新鮮な野菜や花きを購入することができます。子供さんはボールを持って原っぱで

思いっきり遊べます。

一番塚の信号機を直進すると、たてしな自由農園さん、そして、高原野菜畑が見えてきます。

そのまま直進し、立沢大橋の手前では、世界遺産登録が決まった富士山を正面に仰ぎ見る

ことができます。山梨側からの富士山なので左右ほぼ均等のきれいな裾野の富士山です。

左は八ヶ岳の最高峰赤岳、右は断崖絶壁の甲斐駒ケ岳です。

そこから少し足を延ばすと「八ヶ岳リゾートアウトレット」がもうすぐです。

梅雨があけたら、高原ドライブをお楽しみいただけます。

2013年6月24日
最近の記事