信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  委員長が紹介するちょっとイイところ【北八ヶ岳ロープウェイ】

委員長が紹介するちょっとイイところ【北八ヶ岳ロープウェイ】   

委員長の両角です。

梅雨が明け、日差しが少しきつくなりましたが白樺湖周辺は朝晩涼しい風が窓から

入り込み快適です。

日本の最高気温は、2007年8月16日「埼玉県熊谷市」と「岐阜県多治見市」で記録

された、40.9℃です。同じ日に「群馬県館林市」でも40.3℃が記録されていますので

相当暑い日だったのでしょう。

わたくし事ですが、その日はたまたま「北八ヶ岳ロープウェイ」(旧ピラタスロープウェイ)

に乗って山頂の散策コース坪庭に向かっていました。

標高2237メートルの山頂駅では、カーディガンかヤッケをはおらないと寒いくらいで

ロープウェーのガイドさんが「熊谷市は本日40.9℃を記録しました。」というアナウンスを

するとゴンドラに乗っているみなさんから歓声が上がったのをうっすら覚えています。

真夏でも山頂は気温20℃を超えるくらいでしょうか。

今年はバリアフリーの展望台もできて、より絶景が楽しめるようになったそうです。

白樺湖エリアからビーナスラインを通って車で20分余り。

「涼」を感じて、八ヶ岳の絶景を楽しめる北八ヶ岳ロープウェイは間違いなくお勧めの

スポットです。

 

2013年7月 9日
最近の記事