信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  観光委員会のブログ  »   »  委員長が紹介するちょっとイイところ【乙女滝】

委員長が紹介するちょっとイイところ【乙女滝】   

委員長の両角です。

大変な猛暑も今週はひと段落ということろでしょうか。

この夏、行きたい「涼」を感じるスポットを1件ご紹介いたします。

白樺湖から大門街道を下って芹ケ沢という信号を左に曲がり最初の十字路を

さらに左に曲がると国道299号線に入ります。蓼科中央高原に入って横谷温泉郷

方面へ右折すると横谷温泉さんの駐車場手前に遊歩道入口があります。

駐車場からは、案内板に従って木道を下っていくと、大人が歩いて5分くらいで

「乙女滝」があります。

土地勘のあるかたは、白樺湖からビーナスラインで蓼科湖方面へ向かい国道299号線

への横道へ入って299号線を下っていくと早いです。

滝の横に立つと、舞い降りた水しぶきが軽く顔にかかり真夏でも”ひんやり”と涼を感じる

ことができます。

風向きによっては、しぶきが霧のようになって全身をまとい清涼感満載です。

標高2127メートルの麦草峠を通る国道299号線の高原ドライブを楽しみながら、

滝見はいかがでしょうか。

蛇足ですが、

2月23日に【バス停】の回でご紹介した「森の家 花蒔店」のご主人が連載されている

「すし屋のオヤジが教える出前で見つけた新名所」の記事によると、「乙女滝」は天然に

できた滝でなく、農業水路の経路の一部なんだそうです。つまり人工の滝。そう考えると

また少しロマンがわいてきます。天然でも人工でも、涼は涼です。

2013年7月15日
最近の記事