信州白樺湖を管理する柏原観光委員会。白樺湖の観光や歴史。白樺湖別荘地での高原リゾートライフなど、旬の情報を地元から発信していきます。

白樺湖でくらそう-柏原観光委員会  »  白樺湖の歴史  »   »  第5回 戦国武将が休息した場所 御座岩遺跡

第5回 戦国武将が休息した場所 御座岩遺跡   

白樺湖の西側 ボート乗り場横に御座岩遺跡はあります。

戦国時代、甲斐の武田信玄は佐久・小県・北信濃の制覇に際して、

いわゆる信玄の「中の棒道」を通り、柏原地区から御座岩へ。

ここで一休みして軍団を整え、一気に大門街道を越えて行った。

また、ここから古東山道を役の行者越えに北佐久郡へ、あるいは

南佐久郡之「佐久の棒道」から大河原峠越えの軍団が諏訪側から

の軍団と勢揃いするなど、信玄がここに陣を張り、御座岩に腰を

据えて諸方面からの軍団の終結をはかり、軍議をこらした要所

として知られている。

【「御座岩遺跡案内板  茅野市 柏原区 (旧)白樺湖区 

(旧)白樺湖観光委員会 作成より】